Fleck CASCO HS HV POLO
PASSIERKENTUCKY その他のブランドはこちら
ショッピングガイド Showroom便り ザ・エキスパート コラム リンクについて infomation
  • 商品のご注文は最寄の乗馬用品店、乗馬クラブへ。お求めになれない場合は、メールオーダーをご利用ください。
    また、アウトレットの商品につきましては、在庫によって随時、価格の変動がございますことを、ご了承くださいませ
HOMEコラム乗馬の基礎知識 > 馬の体温、脈拍、呼吸

馬の体温、脈拍、呼吸

馬の体温、脈拍、呼吸

このページでは馬ともっと仲良くなるために、馬に関する知識をご紹介します。

馬の体温、脈拍、呼吸についてです。 皆さんが普段乗っている馬たちも、健康な時ばかりではありません。 正常な状態を把握し、言葉のしゃべれない馬たちの体調の変化に早く気づいてあげましょう。

体温

安静時の成馬の平熱は37.0~37.8度くらいです。 朝と夕方では、夕方のほうが若干高くなります。また、若い馬は成馬より若干体温が高い傾向にあります。 愛馬の平熱を把握しておくことは大切です。何か体調の悪そうな時、元気のなさそうな時は必ず検温する ようにすると獣医さんに状態を報告するとき役立ちます。

検温は、動物用の直腸体温計で計ります。 体温計の端にひもを付けておき、その先にクリップをつけておくと便利です。また、検温時は必ず馬をつなぎ、 2分くらいは体温計を入れておきましょう。

脈拍

安静時の成馬の脈拍は1分間に28~40です。 馬体の皮膚の薄く血管が太いところに指を当てて測定するか、聴診器で心臓の音を聞いて測定します。 15秒で何回か数え、それを4倍して1分間の脈拍数を出しても良いです。 脈拍を数える時は静かで落ち着いた場所で測定するようにしましょう。

呼吸

安静時の成馬の呼吸数は1分間に8~16回で、1回の呼吸で約30リットルの空気が出入りすると言われています。 呼吸数は鼻の穴の動きや、ひばらの動きで数えます。 呼吸数は、発熱に伴い上昇する場合が多いので、体温と併せて獣医さんに状態を報告するとよいでしょう。

最新カタログ
ページトップへ