Fleck CASCO HS HV POLO
PASSIER KENTUCKY その他のブランドはこちら
ショッピングガイド Showroom便り ザ・エキスパート コラム リンクについて infomation
  • 商品のご注文は最寄の乗馬用品店、乗馬クラブへ。お求めになれない場合は、メールオーダーをご利用ください。
    また、アウトレットの商品につきましては、在庫によって随時、価格の変動がございますことを、ご了承くださいませ
HOMEコラム乗馬の基礎知識 > たてがみと尻尾のトリミング

たてがみと尻尾のトリミング

たてがみと尻尾のトリミング

タテガミの散髪

タテガミは2ヶ月で4cm程伸びると言われています。伸びきってしまったタテガミは、美しいという印象は受けにくいですよね。 また、扱いずらかったり汚れが溜まりやすくなるので、しっかり手入れをしてあげましょう 今回は毛をすく(実際には抜く)方法を紹介します。 馬によっては抜くのを嫌がる馬もいますので、その場合は経験者や指導員に相談し、すきナイフや、すきばさみを使って整えることをおすすめします。

たてがみの編み方はこちら

手順

手順

1.まずは、絡まっている部分のブラッシングをしましょう。

2.クシでとかせるようになったら、すき始めます。

手順

3.項から始め、狭い幅(2cmくらい)でクシをいれ、先端近くまできたらクシからはみ出している長い毛の束を左手でしっかりと掴みます。

手順

4.長い毛を握ったまま逆毛を立てるようにクシを動かします。

手順

5.続いて、左手で握っている長い毛を人差し指に巻きつけるか、またはクシに巻きつけたりして引き抜きます。

手順

6.毛が短く、また毛の量が少なくなるまで繰り返し行います。全体的に均一になるのが理想的です。

7.最後に全体をブラシングして整え、はみ出している長い毛を数本ずつ手で引き抜きます。

8.前髪とタテガミの長さが同じくらいになったら完成です。

ポイント

ポイント

1回に多くの毛を抜こうとせず、少量ずつ行うと良いと思います。
表面の毛ではなく、できるだけ体側の毛を抜くようにしましょう。その方が整えやすく、出来上がりも綺麗になります。
また、馬の体が温まっているときの方が抜けやすいので、暖かい日や運動後などに手入れすることをおすすめします。
手入れが容易になるだけでなく、馬の負担軽減にもなります。

尻尾の散髪

尻尾の散髪

タテガミと同じように、シッポも伸びます。馬自身が自分で踏んで抜けてしまうこともありますので、 伸びすぎる前に手入れをしてあげましょう。シッポを散髪する場合も十分に注意しながら行うようにしましょう。 慣れないうちは経験者と一緒に行うと良いと思います。

尻尾の散髪

1.まずは、絡まっている部分のブラッシングをしましょう。

2.尻とシッポの間に右腕を入れ、運動時の位置まで持ち上げます。

尻尾の散髪

3.そのままの状態で左手でカットする場所を決め、尾を握ります。

4.まっすぐにカットし、綺麗に整えたら完成です。

ポイント

ポイント

馬が運動している姿を思い浮かべてください。シッポの根元がわずかに持ち上がっていますよね。
シッポをカットする時は、尻とシッポの間に腕を入れ、運動時の位置まで持ち上げながら切ると短く切りすぎてしまうのを防げます。長さはお好みにもよりますが、だいたい後脚の球節の上辺りで整えるのが一般的です。
最初のうちは2人で行うと(1人がシッポを持ち上げ、1人がカットする位置を決めカットする)簡単に出来ると思います。

仕上げ

仕上げ

タテガミとシッポの長さを整えたら、専用のローションをつけて、ブラシなどでとかして仕上げましょう。
また、定期的にシャンプーをして汚れを落としてあげることをオススメします。

たてがみの編み方はこちら

最新カタログ
ページトップへ