Fleck CASCO HS HV POLO
PASSIERKENTUCKY その他のブランドはこちら
ショッピングガイド Showroom便り ザ・エキスパート コラム リンクについて infomation
  • 商品のご注文は最寄の乗馬用品店、乗馬クラブへ。お求めになれない場合は、メールオーダーをご利用ください。
    また、アウトレットの商品につきましては、在庫によって随時、価格の変動がございますことを、ご了承くださいませ
HOMEショッピングガイド鞭(ムチ)について > 鞭(ムチ)についての Q & A

鞭(ムチ)についてのQ & A

初めて鞭を使う場合の何を気をつけて選べば良いですか?

<短鞭の場合>

ドルフィンテイルと言われる、フラップが三角形のような形をしたタイプが、音が大きい割には、刺激が少ないので初心者向きと言えるでしょう。



<長鞭の場合>
初心者は拳が静定されにくいため、動きが伝わりにくい硬いムチの方が良いでしょう。
90cmぐらいの長さが良いでしょう。また、落とさないようにループのついたものもおすすめです。

上級者へ薦めるとしたら、どんなタイプが適していますか?

<短鞭の場合>

フラップやグリップは主観的でライダーの好みによるところが多いです。グリップに滑りにくい素材を使用したタイプや音が大きく出るタイプが新登場しています。



<長鞭の場合>
馬場の場合はとてもFlexibleな長鞭が良いでしょう。上級者は手首を上手く動かす事ができるので、柔らかいものをお薦めします。しかし、ライダーの好みによるところが多いので一概には言えません。例えばトップライダーの中でもA・ヘルグスランド選手はシャフトの硬いものを好みますし、Schautz氏はSuperflexのように柔らかいものを好みます。また、機能性を重視した新しいアイディアを見て、それを積極的に取り入れる選手もいます。常に様々な商品を見て、自分の目的にピッタリ合う商品を選ぶ事が大切です。

鞭を選ぶ際はどういった点を注意したらよいですか?

1,シャフトの硬さ。(腕の延長としての作用する事)
2,グリップの形や素材。(持ちやすく、滑りにくい)
3,バランス。

鞭に対して反応の鈍い馬、敏感な馬、どのように鞭を使ったら良いですか?

鞭に対して鈍い馬にはラッシュの形状等鞭の特徴の違うものを使ってみるのが良いでしょう。敏感な馬には懲戒ではなく、なでるなどしてご褒美として鞭を使ってみて下さい。
例えば馬車ではライダーが後ろから褒める際、鞭で優しくなでたりしている。鞭に慣れさせることが大事です。

ラッシュやフラップにはそれぞれのどのような効果があるんですか?

<短鞭の場合>

北京五輪総合のダブル金メダリストのヒンリッヒ・ロマイケ選手と開発した鞭は、フラップ部分がソフトレザーでできています。 このフラップは音が出やすい作りになっており、実際の馬へのあたりは柔らかいという効果を持っています。



<長鞭の場合>
ラッシュには3タイプあります。
1.シンセ素材の細いタイプ。ラッシュは幅の狭い物(細い)の方がソフトですがシャープに入ります。
2.レザーの細いタイプ。レザーの細いラッシュは半永久的にシャープな効果が持続します。
3.フラップタイプ。フラップタイプはより正確によりダイレクトに指示を与えることが出来ます。

最新カタログ
ページトップへ